Archive for 12月, 2019

夜釣りでの鯵、真鯛狙い。

日曜日, 12月 1st, 2019

11月23日、磯を予約していた五幸丸へと向かう。釣りは準備段階も釣り場での出来事を想像し楽しい物です。今回も前回渡礁した「寺島のハナレ」で予約しました、当日の出航は16時予定です。

渡礁状況:中潮・月齢26.0 11/23 満潮17:59 干潮:0:20 11/24 6:37 表層水温20.5℃ 
渡礁時間:11/23 15:50 離礁時間11/24 8:00
上の写真は夕マヅメに釣れた真鯛です。一番下の子供は針を飲んでしまっていたので持ち帰る事にしました、他には木っ端グロとバリが釣れましたがリリースしました。

表層水温も段々下がってきてもう少しで20℃を下回る位になってきました、そろそろ寒グロのシーズン突入ですが私は相変わらず鯵と真鯛を追いかけています。真鯛狙いでもクロは釣れるので、釣れたら釣れたで嬉しいですけどね。

上の図は寺島のハナレの略図です。カゴ釣りの場合、上げ潮の赤い✖の所で当たる事が多く釣り座から40~50m沖になります。棚は竿一本(浮きからカゴまで)前後で調整していますがそれでも何回かは根掛りしました。今回は満潮が17:59と言う事で夕マヅメでの食いが立つ時間が短いので釣果は伸びないだろうと思っていましたが、案の定、マヅメを過ぎ、潮が止まった時点で食いが止まってしまいました。

食いが止まった時点でテントを張り休憩を取る事にして、お湯をを沸かし、カップラーメンと御飯で憩いのひと時を過ごします。この休憩が結構ほっとする瞬間で、釣りの醍醐味でもあります。テントを張ってマットを敷けば秘密基地的な感じがしてうれしいのと、キャンプのようでワクワクもします。まあちょっと寝るだけなんですけどね。

干潮前の0:00時に目覚ましをかけしばらく寝た後は、テントを片付けてまた釣りはじめます。潮が通りだし、しばらくすると当たりが出始めハマフエフキやヘダイが連れ出し結局、朝マヅメの間にポツポツとしか釣れずチヌを釣って潮どまりとなったところで終了としました。

結果:真鯛4匹(45~) ヘダイ3匹(40~) チヌ1匹(40) ハマフエフキ1匹 バリ1匹 木っ端クロ1匹 と言う釣果でした、今回フカセが不発で鯵が一匹も釣れなかった事が不満ですがまずまずの結果で満足感はありました、次回はもっと色んな釣りにも挑戦したいと思います。