Archive for 9月, 2019

長崎県西海市大島町付近の釣り場

日曜日, 9月 29th, 2019

昨年12月から海釣りを再開し、
最初に行ったのが題名にある
崎戸大島でした。
股関節疾患と鬱症状に悩まされていた
時CSの釣り番組でアジングを知り
ちょっとやってみようかなと思ったのが
きっかけでした。

寺島の北側にある突堤で、エギング仕
掛けで鯵狙いでしたが、後から来た
サビキ仕掛けの兄ちゃんに大差で
負けてから(勝負ではないが)私の釣り
魂に火が付いて、今まで続いている所
です。

その前にも、チョコチョコ川釣りには
行っていて、フライフィッシングでヤマメ
やニジマスを釣って楽しんでいたの
ですが、釣り場が遠いのと余り釣れない
ため頻度は多くありませんでした。

ニジマス

しかし、フライフィッシングもトップで
フライにバイトする様は興奮する
ので、また機会があれば行きたい
ものです。

大釜海水浴場防波堤

大島付近の釣り場は大よそ浅場が多く
5m位が平均と言った所でしょうか、
それでも所によっては深い所もあり、
片島離れなどは30m位の水深が有り
そうです。
釣れる魚はチヌの魚影が濃く、クロは
余り大きな個体はいないみたいです。
しかし場所と潮によっては40オーバー
が食ってくることもあるみたいです。

イサキ35センチ

イサキは潮通しの良い所で、ボチボチ
釣れたりします、鯵は夕マヅメに多く
真鯛もその時間帯で釣れる事が多い
ですね。

他にはハリスを飛ばしていく奴とか。
多分コロダイかフエフキとか青物なんか
も秋の釣りシーズンは上がったり
するみたいです。

今週、来週と用事が立て込んで釣りに
行けないですが、買い物や準備をして
過ごしていきます。

KAIKO アッパーロケットみつけた

月曜日, 9月 23rd, 2019

|KAIKOアッパーロケット8号

この前の買い物で、KAIKOの

アッパーロケットが品切れで無かったの

で今日は違う店に行き、やっとブツを

入手しました。

KAIKOアッパーロケット8号が2つしか

無く、

仕方ないので天秤付きの奴を1つ、

それと予備で持ってるDAIWAの遠投

シャトルが10号だったので(8号だと

ばっかり思っていた)15号のウキを買い

ました。

ウキは、大は小を兼ねると言えるので

8~12号のカゴに15号でよいと思います。

しかしKAIKOのアッパーロケットは入荷

数が少ないのか、よく売れるのか店に

有る数量が他のカゴに比べて極端に

少ないように感じますが、

気のせいでしょうか?

|棚について

前回の釣行で、大鯛を狙い底を這うよう

な棚を狙ったため、2回も根掛りして

天秤とカゴを失ったので、次回は棚は

中層でハリスを長くして釣ってみよう

と思います。

こんな感じですね。

遠投の時にハリスをひっかけたり

しないよう注意が必要です。

ハリスを長くした分、がん玉を打って

みようかと思っています。

正解かどうか分かりませんが、底近く

の方が大きい真鯛や鯵が釣れるので

はないかと思い、底狙いを続けようと

思います。

それと同時に竿を大きくシャクっての

誘いですね、以前釣った真鯛も誘い

の後に釣れたこともあり。

誘うタイミングや速さなども検証し

て行きたいです。

前回損失分の道具の補充

日曜日, 9月 22nd, 2019

前回棚の設定を深くし、攻めた結果

2回も根掛りし、浮きから下の仕掛けを

失ってしまったので、その分の補充も

兼ねて行きつけの釣具屋さんで

買い物しました。

① 遠投ナイロン天秤30     529円

② ミニヨリトリ 2㎜ 14㎝    281円

③ケミホタル ルミコグリーン   259円

④HS415 太ハリスサビキ    367円

⑤ハヤテスナップ付サルカン   292円

合計 1728円です。

しかしいつも使っている

KAIKOのアッパーロケット 8号が無く

買えなかったので、ネットで調べて購入

する事にします。

③のルミコですが鯛を狙う時はいつも

針のチモトから5センチの所に付けて

います。1キロ台の鯛しか釣ったことは

有りませんが。

かなり効き目は有ると思っています。

これからも、釣りの道具とか、使い勝手

の良さとかをレビューしていきたいです。

2019.9.14 兜島釣行(夜釣り)

月曜日, 9月 16th, 2019
崎戸大島南岸、左が兜島

今回も前回に続き長崎県大島町の兜島

へ夜釣りをしに行き、

イサキ34~20㎝を10匹

小鯛25㎝1匹

鯵子多数

アラカブ2匹

と言う結果になりました。

当日の潮 

9/14 干潮2:56満潮21:15

9/15 満潮8:16 

月齢:14.7 大潮 表層海水温28℃

いつもお世話になっている、五幸丸で

16:00出航で予約し、出航後10分程

で兜島に着きました、今回私のほかに

もう一人お客さんが居て寺島離れに乗

るとの事、渡礁を手伝ってもらい、船は

寺島離れの方に向かって行きました。

渡礁後大漁と安全を祈願しお神酒を海

と磯に振り、残りはチビチビと飲みながら

釣りの準備に取り掛かります。

足元に沸くエサ取りたち

今回も竿2本出しで

①遠投カゴ釣り

②遠投サビキ仕掛け

         

①右側の竿は足元から左斜めに流れる

潮を狙い、棚を一ヒロから段々深くする

事にします。

②左側竿は左側の瀬際から湧き上がる

潮にのせ①を流している潮に向かって流

れていくように左側の瀬際から4メートル

位立ち位置から15メートル位にちょい投

げをします。

マダラトビエイ

ふと足元を見ると幅 1メートル位はあり

そうな「マダラトビエイ」と思われる魚影

が悠然と泳いで行き、慌てて写真を撮り

ました。

自然の雄大さや畏怖の念を感じさせられ

る出来事でした。

そんな事をしていると①の電気浮きが

無い事に気づき、竿を取り合わせを入れ

るも、反応が鈍い、「何が食ったのかな

?」と思いつつリールを巻いていくと、

微かに竿をたたく感覚が伝わってきます

真鯛なら小さいなと思いながら上がって

来たのは34~5のイサキでした、狙いは

大型の真鯛でしたが、坊主は免れたの

で少しホッとしました。

イサキも鯵と並んで食べて美味しい好物

の魚です、カツオはもっと好きなのですが、

この大島付近ではほとんど釣れません。

この日は①を流している潮の200m位

沖でかなり大きな魚が餌を食べたのか

「バシャバシャ」と大きな音がしたのです

が、ルアーも道具も持っていないので、

「あの魚が釣れないかな」と思いながら

釣りを続けますが、その後小鯛とイサキ

が釣れ、遠投サビキには小鯵が掛るの

みでした。

夜になり、①の仕掛けの棚を少しづつ

深くしていき大型真鯛を狙っていたら

浮きがスゥーっと入り合わせを入れます

が、魚の反応は無く重いだけ、根掛りで

す竿を数回あおってみましたが外れない

ので仕方なく手にタオルを巻き付け力を

入れて引っ張り、上がってきたのは

からまん棒から上で、ちょうど天秤の

部分から切れた様でした、PEの結び目

から切れたのか、その上の部分が岩に

当たって切れた可能性があります。

とすればPEの結束部分は弱い、か

PEは擦れに弱いと言う事になりますね。

しかも、同じ事がもう一回起こり。

天秤、カゴ2セット紛失!

これは痛い、非常に痛い、お金も無い

ので暫く釣りに行けないかもしれません!

その後、天秤を2つしか持ってきていない

のに気づき、慌てて持ってきていた

クッションゴムを2つ合わせ天秤仕掛け

を作りました、それがこれです。

しかし下げ潮に変わったこともあり、当た

りも遠退いた為、2時間程横になり、休憩

し上げ潮を狙い釣り開始するも潮が

走らず釣れないまま朝マヅメを迎えます

が、そのまま納竿の6時を迎えてしまい

ました。

今回はPEの根掛りに注意すべき、と兜島

船付けは上げ潮に変わって3時間後位で

潮が走り出すと言う事、仕掛けは多めに

持って行く、と言う事を学びました。

ついでに、渡礁した際磯が前の客の撒

き餌で汚れていた為、磯の掃除から始め

なければならず、マナーの大切さを実感

しました。マナーを大切に釣りをしたい

ものです。

撒き餌で汚れた釣り場

明日釣りに行くために買い物しました。

金曜日, 9月 13th, 2019

明日釣りに行くための買い物をしました

中国産アミ 650円

撒き餌用オキアミ 598円

ボイル刺し餌LL 454円

餌合計 1702円

今回水汲みバケツを新調しました、

理由は安物(500円以下)の水汲み

バケツを使っていたのですが取っ手が

付いて無いので海水をくみ上げる時に

人差し指が異常に痛くなるのと水漏れ

が酷く20分位で水が無くなってしまうの

で、それに嫌気がさした事が有り。

EVAメッシュ角バケツ18W 999円を

入手しました、余りお金をかけないよう

心がけてはいるのですが、どうしても

必要な物は買う以外有りません。

そして今回、フカセでチヌでも狙って

みようと思いPE道糸なのでクッション

ゴムの付いた鉛 346円も購入し、

ケミホタル75 205円も購入し万全を

期します。

しかし、ルミコのグリーンを買い忘れ

てしまい、明日現地に着くまでに補充

しようと思います。

飲食費は、よく行くディスカウントセンタ

で821円分買い物しました、水2本は1本

車に常備してあるものも購入したため2

本になりました、後は夕食用に、

ごつ盛りソース焼きそば、一杯やるのに

ワンカップと一番搾りを、鋭気を養う為に

赤マムシドリンクを購入しました。

合計3768円で買いすぎです。

もう少し抑えないと!これで瀬渡し料もと

なれば8000円にもなってしまいます。

今後は防波堤の方に移行しなければ

ならないかもしれませんが、その時は

その時で、その時考える事にして、今夜

は準備と仕掛け作りをする事にします。

それでは日曜日に結果報告します。

サビキ、道具の比較

水曜日, 9月 11th, 2019

この前の釣行の際、近所のディスカウン

トショップで買った2組99円のサビキ針と

釣具店で売っている蓄光スキンの390円

の針の比較です。

夕マヅメで鯵の食いが立ち入れ食い状態

では差が感じられない。扱いやすさもほぼ

変わらず、遠投性も変わらない、しかし食

いも一段落して真っ暗になってからは、

蓄光スキンの方が釣れる割合が多いよう

に感じました。これは一回の釣行のみで

比べた物なので、一概には言えないとは

思いますが。

今回サビキカゴをサビキの上につける

関東式の上カゴで釣ったのですが、

上カゴ用に買っていたステンレス製カゴ

これは、余り良く有りませんでした、

カゴの重さプラス撒き餌の重さで遠投時

カゴの方が先行してサビキと絡んでしま

い、当たりも無く上げてみて、「アチャー

ッ」と言うことが続き、オモリ7号に対して

ステンカゴが重すぎると言う事が判明!

オモリを重くしたくないので今回は使用

を辞め、カゴ釣りに変更しました、使用し

ない仕掛けは取り合えず、磯の片隅に

放置し釣りを再開できるのが、防波堤に

無いメリットと言うことが出来るかと思い

ます。

尚、このステンカゴは、しゃくってもアミが

出にくく改良の余地が大いにあります。

メーカー名はわからないのですが、この

プラカゴ、サビキの上カゴとしては最高

だと思います、自分の使っている10号

浮き、7号鉛で十分しようできます。

今週も釣りに行こうと思っているので、

少しづつ準備していきます。

カゴ釣りを始めて9ヶ月

月曜日, 9月 9th, 2019

表題の通りカゴ釣りを始めて9ヶ月が経

ちましたが、思い返せば去年の暮に久し

ぶりに釣りに行ったのがきっかけでした。

うつ状態との診断で休職中の時、

ケーブルテレビの釣りビジョンで崎戸

大島でのアジングを見ていて興味が沸き

旧型のエギングロッドにボロリール、ボロ

PEラインで寺島の堤防に行ったのが

きっかけで、最初は全く釣れず後から来

た兄ちゃんが遠投サビキで何匹も鯵を

釣っているのを横目に見ながら、

「次は絶対に遠投サビキをしよう」と

心に決めたのが始まりでした。

その兄ちゃんとは釣りながらよく喋って

いたのですが、あまりに釣れないものだ

から痺れを切らし帰る事にして「先に帰

るよ」と挨拶して帰ろうとしたら自分が

釣った鯵を分けてくれ優しい言葉もかけ

てくれ落ち込んだ気分を優しくさせてく

れた、あの兄ちゃん、今では心の師匠と

思っています。

まあそんな事もあり少しずつ元気を取り

戻しつつあるのですが、まだ薬を服用し

生活している現状です。

余りお金も無いので大がかりな釣りは

出来ませんが、そのうち五島列島や

男女群島なんかに行けたら最高なん

ですけどね。なんて夢を見れるのも釣り

の良いところで、胸が膨らむ思いです。

25年位前には五島列島も男女群島も

行ってはいて、ふかせでクロを釣って

いたのですが、結婚してからは磯から

足が遠のき、また釣りに帰ってきたと

言うところです。

久しぶりの磯釣行,真鯛1.6キロ1匹、鯵子多数。後編

土曜日, 9月 7th, 2019

16時過ぎに渡礁を終え、釣りの準備にとりかかります、

その前に海面を覗くと方の良いチヌがヘチを泳いでいる

のが見えたので、チヌを狙ってみようかとも思いましたが

夕マヅメの鯵を確実に物にする為に遠投サビキ仕掛け

を2セット準備します。

写真のサビキですが左が近くのディスカウントセンター

で2セット入りが99円で売られているもので、あまり期待

せずに使ってみることにしました。

右はいつも使っている蓄光タイプのサビキ390円で、実績が

あり最も信頼しているタイプのサビキです。

準備も終え、辺りが薄暗くなってきた時、待望の当たり

で鯵が上がって来ましたが、小さい!15センチ位でしょうか

まあ夏なのでこれ位が当たり前かもしれませんが。

しかも入れ食い状態で、30匹位釣ったところで3号竿の方を

遠投カゴ仕掛けに変え、釣り座まえから50メートル位遠投し

右から左へ潮に乗せ、流していきます、その間ももう一本の

サビキ仕掛けはそのまま釣り続けておりひっきりなしに鯵の

当たりがあります、そんな時遠投サビキ仕掛けの道糸が

シュルル~っと音を立てて引き出されて向こう合わせで当たり

が有りました!糸は2~300メートルは出ていたでしょうか。

一回合わせを入れて巻いてくると途中途中で「コンコン」と

竿をたたくので真鯛と確信し近づけて見るとやはり真鯛で

計測の結果、47センチ1.6キロでした。

その後もっと釣れるのではないかと、頑張って釣って

みましたが鯛は釣れず、鯵も21時位には時合いも過ぎ

休憩タイムとし、お湯を沸かしカップラーメンとおにぎりで

腹ごしらえです、しかし磯で食べるカップラーメンは格別です。

その後上げ潮から下げ潮に代わり、当たりも遠のいた

為、2時間位横になりウトウトするも寝付けず、

また釣るも当たりは無く、そのうち

あたりが薄明るくなって、また鯵の

食いが立ち、40匹位釣れたでしょうか、

遠投カゴ釣りの方にはとうとう当たりが

無いまま日が昇り納竿としました。

今回真鯛一匹と小鯵多数という結果になりましたが、

なんとか釣れたので満足しましたが、反省点も多々あり

仕掛けの改善と改良を続けて行こうと思います。

久しぶりの磯釣行,真鯛1.6キロ1匹、鯵子多数。前編

火曜日, 9月 3rd, 2019

2019.8.31土曜 月齢0.7 大潮 干潮15:07 満潮21:29
2019.9.1日曜 月齢1.7 中潮 干潮3:31 満潮9:53

表層海水温25.8℃ 天気曇り時々雨。

土曜の4時過ぎに瀬上がりし、夜釣りの準備を行う。

使用する道具は

①遠投サビキ、カゴ釣り用としてDAIWAリーガル

インターライン3号に5000番リールに6号PE道糸、〈5号幹糸

のサビキ仕掛け、浮き10号電気浮き、7号オモリ、ステン上カゴ〉

②ちょい投げサビキ用としてDAIWAメガドライ1.2号に

KIX2500番3号PE道糸、5号幹糸サビキ、8号遠投ケミホタル浮き、

プラ上カゴ7号オモリ

となります。

使用渡船は五幸丸(TEL090-4987-2813)岩下船頭で渡った磯は

兜島と言って寺島水道の池島寄りにある小さな島で

鎧兜の兜ような形をした島です。

20代の頃から30代で子供が出来るま良く通っていたのですが

大潮の満潮時は危険なため大きな磯が良いとの船長の勧めもあり

20年ぶり位に渡ってみました。船着きが新しくなっていたのと、頂上に灯台

があるのですが、そこまでの道がコンクリートで補強され、休憩時に仮眠

をとるのにピッタリの場所が出来ていたのにはちょっと感動でした。

兜島の画像で向かって左側に船着きがあり、コンクリートで固められ

いたって釣りやすい場所です。

潮は足元から左に上げ潮が流れており①と②の仕掛けを左右に

分けて流していく感じです。